Dione ディオーネ

痛くない!肌ダメージ0の敏感肌専門脱毛サロン ディオーネ

脱毛コラム

お問い合わせ

ご予約はこちら

脱毛スプレーって実際どう?使い方や効果・注意点を知りたい!

2017.12.21

ご自宅で手軽にムダ毛を脱毛できる除毛剤といえば、以前は「脱毛クリーム」が主流でした。しかし最近では、さらに使いやすく短時間での除毛効果をうたった「脱毛スプレー」が人気を集めています。
そこで今回は、「脱毛スプレー」の詳しい使い方や実際の効果、メリット・デメリットなどについてご紹介します。さまざまな脱毛の方法の中でどれを選択するかお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。

1.脱毛スプレーってどうやって使うの?

ここでは、脱毛スプレーの有効成分や詳しい使い方についてご紹介します。まず、脱毛スプレーに含まれる除毛作用のある成分は「チオグリコール酸カルシウム」で、たんぱく質を溶解させる性質があります。分かりやすく言うと「ムダ毛を溶かして除去する」はたらきを持っており、製品によってはスプレーの液体が毛根の奥にまで浸透するものもあります。それらを使用すればムダ毛の根元から除去できるため、1度処理すれば次に毛が生えるまでの時間を伸ばすこともできます。

脱毛スプレーの使用手順は、以下の通りとなります。

1.ムダ毛が気になる部分にスプレーを吹きかける
2.商品説明に書かれた所定の時間そのまま待つ(主に5~10分の待ち時間としている製品が多い)
3.時間が経過したら、スプレーした液体を付属のヘラなどを使ってふき取る
4.シャワーなどで、液体が肌に残らないようしっかり洗い流す

とても簡単にムダ毛を除去できるうえに、クリームのように自分で肌の上に伸ばす手間もありません。しかも、最近の脱毛スプレーはより短時間で効果があらわれるものが多いことが特長です。

2.脱毛スプレーは本当に効果があるの?

脱毛スプレーは「ただ吹きかけて待つだけ」という使用法の特徴上、使い方によっては「効果がない」という声も聞かれることがあり、インターネット上でも同様の口コミをときどき見かけます。しかし、正しく使えば男性の頑固なすね毛などもキレイに除去できるという声ももちろんあります。

脱毛スプレーの効果を感じられなかったという意見の根拠は主に、定められた使用法を守らずに使った場合であると考えられます。「ムダ毛部分にスプレーするときに液体がムラにならないようにすること」や、「所定の時間を守ってきちんと待つこと」に気をつければ、多くの方は満足な効果を得られるでしょう。また、除毛効果以外にも「脱毛にかけるコストが抑えられた」「毛を引っ張って無理やり抜かずに済むため、埋没毛になりにくい」などの好意的な意見も多く寄せられています。脱毛スプレーはきちんと正しく使用すれば、毛量などの個人差による多少の影響はあるものの、ムダ毛への効果が期待できるものと考えて良いでしょう。

また、「スプレーして所定の時間通り待ってからすぐ洗い流したら、ムダ毛が残ってしまった」という声もありました。このケースは、洗い流す前に行う「付属のヘラやコットンなどを使用してムダ毛をふき取る」という過程を省略してしまったために完全に除毛ができなかったものと思われます。
失敗やトラブルを防ぐためにも商品の説明書きなどを事前にしっかり読んで、そこに書かれた手順通りに使用することが脱毛スプレーの効果を最大限に引き出すコツと言えそうです。
ただし、脱毛スプレーはあくまで「生えてきた毛を溶かして取り除く」だけのものですから、サロンなどで行っている光脱毛のように、長期間毛を生えにくくする作用はありません。毛根で新しい毛が成長してくれば再び毛が生えてしまいますから、ムダ毛のない状態をキープしたい場合は定期的なお手入れが必要となるでしょう。

商品によっては、男性ホルモンのはたらきを抑える成分が配合されていて「使い続けると新たに生える毛も細くなっていく」とうたわれたものもあります。しかし、それらも毛根の発毛作用自体を抑制できるものではないため、サロンの光脱毛やクリニックでの永久脱毛とまったく同じ効果が望めるものではないと考えたほうが良いでしょう。

3.デリケートゾーンへの使用や注意点

脱毛スプレーにはたんぱく質を溶かす成分が含まれていますから、たんぱく質で構成されている私たちの皮膚などにも少なからず影響はあります。もちろん「毛に特化して効果を与え、肌への影響は抑える」ことに配慮された商品が多いため、地肌に深刻な悪影響をもたらすケースは少ないものです。それでも、肌が敏感であると自覚している方などは使用に際して十分に注意を払う必要があるでしょう。

特に、肌のなかでもデリケートな箇所とされ「Vライン・Iライン・Oライン(VIO)」と呼ばれる、いわゆるアンダーヘアへの使用には敏感肌ではない方も気をつけるようにしましょう。いきなり多くの量をスプレーすることは避け、まず目立たない箇所に少量スプレーして所定の時間を置き洗い流してみて、トラブルなどが発生しないか確認してから使用するようにしてください。また、脱毛サロンで施術を受ける際と同様に、特にデリケートな箇所は布やラップなどで覆ってから使用すると良いでしょう。もちろん、敏感肌の方もそうでない方も、可能なら事前にパッチテストを行ってからの使用がおすすめです。

また、脱毛スプレーの多くには「肌にスプレー後、○○分以上は放置しないようにすること」という注意書きがされています。正しく使えば肌に悪影響のないものであっても、放置の上限時間を守らなかったことでトラブルを招くケースも少なくありません。

脱毛スプレーを使用する際に気をつけたい注意点について、以下にまとめました。

1.デリケートゾーンにも使用できるが、特に敏感な箇所への使用は避ける
2.パッチテストを行い、異常がないことを確認してから使用する
3.アレルギーを持っている方は全成分を確認し、アレルゲンとなる成分がないことを確認してから使用を検討する
4.商品説明に書かれた放置の上限時間をきちんと守って使用する

■4.脱毛スプレーを使用するメリット・デメリット

脱毛スプレーを使用するメリットは多くありますが、デメリットがまったくないわけではありません。使用を検討する際には、脱毛スプレーのメリットとデメリットをきちんと把握しておきましょう。ここでは、脱毛スプレーのメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

【脱毛スプレーの主なメリット】

1.1回の処置に高額なコストをかけずに済む
2.自宅で手軽に短時間での除毛ができる
3.カミソリなどでの自己処理のように肌を傷つけるリスクが少ない
4.毛根まで浸透してムダ毛を残さない
5.スキンケア成分が含まれており、肌にやさしいものもある

【脱毛スプレーの主なデメリット】

1.サロン脱毛と同じ効果はないため、短期間での定期的なメンテナンスがずっと必要となる
2.低コストといっても、毛抜きやカミソリなどの自己処理と比較すればコストはかかる
3.敏感肌の方やアレルギーを持っている方は使用に注意が必要
4.使用方法や毛量などの個人差によっては、満足のいく効果が得られない場合もある
5.店頭で購入できる商品は少なく、通販が主な入手ルートとなるためすぐ手に入らないことがある

脱毛スプレーはカミソリなどのように肌を直接傷めてしまうリスクが少なく、サロンなどで脱毛するよりは低コストで簡単にムダ毛の除去ができる点が主なメリットです。しかし、効果に個人差があることや、性質の都合上敏感肌の方は慎重に使用を検討しなければならない点はデメリットとなるでしょう。

また、サロンの光脱毛などのように当分の間はムダ毛を気にする必要がなくなるわけではなく、毛根から新しい毛が生えてくればまた処理を続けるというサイクルの繰り返しになる点は脱毛器や毛抜き、カミソリなどでの自己処理と変わりません。どうしても今ある毛を除去したい!というときなどには脱毛スプレーは有用な選択肢かもしれませんが、サロンで脱毛の施術を受ければ毛を無くせるだけでなく、この先当分はムダ毛を気にしないで過ごせます。そのため、「脱毛スプレーは1度の処理にかかる費用が安い」とはいっても、長い目で見れば実際にはサロン脱毛とコストがそれほど変わらなくなる可能性もあります。

ご自身のライフスタイルや1度のムダ毛処理にかけられる予算などを考慮し、ご自分に合った脱毛方法を慎重に選ぶ必要があるかもしれませんね。

■まとめ

この記事では、最近人気が高まっている脱毛スプレーについて、詳しい使用方法やメリット・デメリットをご紹介しました。

脱毛スプレーはどんな有効成分が配合され、どのようなはたらきでムダ毛を取り除くかを理解すれば、ムダ毛処理方法の選択肢として検討できるかどうかも分かってくるでしょう。ムダ毛処理の方法にも、今はさまざまなバリエーションがあります。もし、脱毛スプレーの効果に満足できない場合や、自分には脱毛スプレーは合っていないと分かった場合には、脱毛専門サロンでの施術を検討することも視野に入れると良いでしょう。

記事一覧へもどる