痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

肌を大切に、キレイに。美肌サポーター坂本の脱毛コラム

もみあげ脱毛って女子にも必要? どんなメリットがあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のうぶ毛を処理しているときに、もみあげのムダ毛が気になってしまった経験はどなたにでもあるもの。しかし、サロンでもみあげ脱毛することまで考えた方は少ないかもしれません。そんなもみあげ脱毛ですが脱毛することには意外なメリットがあります。

そこで今回は、お顔の中でも忘れられがちな部位である「もみあげ」の脱毛にスポットを当ててみましょう。顔の脱毛をしてみたいと思っている方なら、もみあげ脱毛にも注目です(*’ω’*)

■1.もみあげ脱毛をするメリット

もみあげのムダ毛といえば、男性の方が気にされるものというイメージが強い方も多いかも。でも、もみあげは男女問わずお悩みのタネになることが意外に多いものなんですよ。ここでは、もみあげを脱毛することで得られるメリットについてご紹介します。

・もみあげ脱毛について

もみあげの脱毛は、部分ごとのメニューで用意されている場合もありますが、サロンによっては「顔脱毛」メニューの中に含まれている場合もあります。それなら「顔脱毛」でお顔全体のコースを選び、もみあげ部分をお好きなスタイルに脱毛してもらうのがお得になります。気になる鼻下やあごの脱毛と一緒に、もみあげもきれいに整えてはいかがでしょうか(‘ω’)ノ

・もみあげ脱毛をするメリット

特に女性の方は、もみあげのムダ毛をふだんから意識する機会はあまりないかもしれません。しかし、ロングヘアの方がアップスタイルにしたときなど、もみあげの部分にムダ毛がモサッとたくさん生えていれば顔の横幅が広がって見えてしまうことも。もみあげがスッキリ整えてあるだけでも、小顔効果が出るといわれています(・ω・)!

また、もみあげの部分にムダ毛が多いと洗顔時の洗い残しが起こりやすく、ニキビや肌荒れの原因になることもあるんだとか。もみあげを脱毛して、フェイスラインのニキビのお悩みが減った!という声も意外に多いんですよね(*´з`)

・もみあげ脱毛は男性だけでなく女性にも人気

サロンでもみあげ脱毛をする例でいうと、男性がひげと一緒にもみあげも脱毛するというケースが多く、女性よりも男性のほうがもみあげを気にしている方が多いみたいです。

でも、女性の顔脱毛がポピュラーになるにつれて、お顔全体の脱毛をするときに、もみあげを好みのスタイルに整えてもらう女性も増えているんだとか。

顔脱毛メニューに「もみあげ脱毛」が含まれている場合にはカウンセリングの段階で、もみあげのデザインや形について希望を聞かれることが多いかと思います。先に希望するデザインや形を決めておき、カウンセリングで迷わず回答できるよう準備しておくと良いかもしれませんね。そこで次は、もみあげ脱毛のさまざまなデザインや形についてご紹介します。

■2.もみあげのデザインや形はどんなものがある?

もみあげ脱毛をする際、どのような形に整えたいかある程度考えていますか?特にもみあげの長さや形は重要ですから、脱毛前にある程度イメージを固めておいた方が良さそうですね。

・もみあげ脱毛の形にはどんなものがある?

もみあげの形で、まず大まかにでも決めておきたいのは「長さ」でしょう。一般的に、女性のもみあげの長さとして最も選ばれているのは「耳たぶの高さまで」。意外と長めに残すのが人気のようです。アップスタイルにするときに自然に見えるよう、ロング・ミディアムヘアの方はこの長さを選ぶ方が多いですね。

次に人気の長さが「耳の中心ぐらいの高さまで」です。ショートヘアやベリーショートの女性の方には、この長さが多く選ばれているようです。さらに、短めのもみあげは小顔効果もプラスできますよ。

もみあげの長さが決まったら、次は形を決めます。女性の方のもみあげ脱毛で最も選ばれている形は「自然な逆三角形」です。この形では先端部分に丸みを持たせ、できるだけナチュラルに整えます。もみあげの形は不自然な印象を与えないことがポイントです。

・理想的な形にするために

もみあげ脱毛で、希望の形に整えられなかったという失敗は少ないようです。どちらかといえば、脱毛前の自己処理でセルフシェービングを行う際に失敗してしまう事例が多いよう。ここでは、理想の形をキープするための整え方をご説明しましょう。

もみあげ部分は、鏡で確認してもご自分で形を見ながら整えるのがなかなかむずかしい場所。もし脱毛で逆三角形に整えてもらっているなら、セルフで事前処理するときは三角の横幅部分はあまりいじらないほうがよいでしょう。事前処理では、長さだけを自然にそろえるようにしておき、あとはサロンにお任せしたほうが安心ですね(*´з`)

■3.もみあげ脱毛前の自己処理について

ここまでは、もみあげ脱毛の形やデザインについてご説明しました。ここでは、事前処理する場合の「処理方法の選び方」と「安全な処理手順」についてご紹介します。

もみあげは鏡で見ても全体を確認しにくく、実は自己処理がとても難しい場所なんです。もみあげの事前処理で思わぬケガや失敗を防ぐためには、「顔専用の電気シェーバー」を使うのがおすすめ。刃を直接当てるタイプのカミソリはキケンもあるので、使うなら必ず刃にガードが付いた安全性の高いものを選びましょう。

【もみあげを事前処理する手順】

1.まずは道具を準備しましょう。「顔用電気シェーバー」「ヘアゴムやヘアクリップ」「コーム」「ハサミ」「まゆ墨」「乳液・クリームなど」を用意します。

2.サイドなどの邪魔になる髪をヘアゴムやヘアクリップで留め、もみあげ全体が見えるようにします。

3.洗顔をして顔を清潔にし、コームでもみあげ全体を整えておきます。

4.希望の長さを決め、左右のもみあげにまゆ墨で印をつけます。印よりも長い毛が多い場合には、先にハサミで長すぎる毛を印部分まで大まかにカットします。

5.もみあげの周囲に乳液・クリームなどを塗って肌を保護し、シェーバーを当てて印の下に生えている毛を慎重に剃っていきます。シェーバーで剃るときは、必ず上から下に向かってシェーバーを動かすようにしましょう。いわゆる「逆剃り」をすると、肌荒れしやすくなりますから注意!(‘ω’)

6.長さが整ったら、乳液やクリームを水で洗い流し、いつもの基礎化粧品で顔全体を保湿して完了です!(`・ω・´)v

■4.もみあげ脱毛の施術について

ここでは、もみあげ脱毛の施術の流れや、脱毛に必要な回数や効果が出るまでの時期についてご紹介します。

・もみあげ脱毛の施術方法

サロンの多くは光を照射して脱毛する光脱毛でもみあげ脱毛をおこないます。もみあげ部分は刺激を感じやすいため、レーザー脱毛に比べて痛みの少ない光脱毛でも「従来の黒い毛に反応するタイプの光脱毛」では痛みを感じることがあるかも(>_<)

一般的な光脱毛では照射で熱さや痛みを感じることがあり、顔に当てるのは不安……という方には、体感温度38℃と肌におだやかで痛みのまったくない「ハイパースキン脱毛」によるもみあげ脱毛がおすすめ。

・もみあげ脱毛と毛周期

脱毛は「毛周期」と呼ばれる、毛の生え代わりのサイクルに則って施術をおこないます。一般的な光脱毛は「成長期の黒い毛とその毛根」を高熱で処理するため、毛周期を考慮して「最短でも2か月おき」の施術が推奨されています。施術のサイクルが長くなれば、効果が出るまでにも時間がかかってしまいますね(´・ω・`)

先にご紹介した「ハイパースキン脱毛」の場合、成長期の毛ではなく、いったん抜けてしまってから新しい毛を生やすまでの「毛の種(発毛因子)」に作用することで毛を生えにくくしていきます。肌への刺激も少なく抑えられるため、ハイパースキン脱毛では施術のサイクルも短く「3~4週間ごと」に通うことが可能。効果を感じるタイミングも早く、スピーディな脱毛を実現できますよ(≧▽≦)

・脱毛回数と費用について

一般的なサロン脱毛の場合、顔脱毛に必要な回数の目安は「6回~18回」といったところです。2か月おきに通うと考えれば、1年から3年とかなりの期間がかかりますね(-“-)

でも、先にご紹介した「ハイパースキン脱毛」を選べば、半年から1年半と大幅に期間を短縮できますよ!また、コースの回数も「6回~18回」の間をとって「12回コース」を選択しておくのがおすすめ。12回目が終わるまでに脱毛が完了すれば、残りの回数は他の箇所の脱毛に充当できますし、12回以上通うことが必要になっても「メンテナンス」として追加1回ごとに安価な料金で続けることができるのはうれしい!

■5.もみあげ脱毛をするサロンの選び方

もみあげ脱毛をしよう!と思い立ったら、どこに通うかを決めなければなりません。ここでは、もみあげ脱毛をするときのサロンの選び方についてご説明します。

・脱毛サロンの選び方

脱毛は医療機関で行う「レーザー脱毛」か、サロンで行う「光脱毛」に分けられます。以下に「レーザー脱毛」と「光脱毛」の違いについてご説明します。

医療脱毛では効果の高い機器を使用できる分、肌への刺激はかなり強めです。痛みに敏感な方などは刺激が強すぎて、続けて通うのが難しくなってしまうこともありそう(>_<)

一般的なサロンで行う「光脱毛」は「医療脱毛」と比較すれば刺激や痛みは弱めですが、毛根を破壊して毛を生えにくくするというメカニズムはレーザー脱毛と大きくは変わりません。

人によっては、サロンの「光脱毛」でも痛みを強く感じることがある場合があります。特にもみあげはデリケートな部位ですから、「痛みの心配はないか」「続けられるかどうか」にも十分気をつけながらサロン選びをしましょう。

・痛くないもみあげ脱毛なら「ハイパースキン脱毛」がおすすめ!

もみあげ脱毛はお顔の一部ですから刺激による痛みも気になりますし、痛みにより途中でもみあげ脱毛をあきらめてしまうことも避けたいものです。

痛みが少ないとうたっている脱毛法は数多くありますが、「とにかく痛みが気になる」「敏感肌で肌へのダメージが気になる」という方には「ハイパースキン脱毛」がおすすめです。

ボディの脱毛で痛みを我慢できた方でも、顔の痛みには敏感!という方が多いもの。「ハイパースキン脱毛」では、脱毛できる上にフォトフェイシャルと同じメカニズムで美肌効果も期待できるの「フォト美顔」の光が大きな特長です。脱毛しながら、通うごとに美肌になれる「ハイパースキン脱毛」で、もみあげのムダ毛処理と同時に美肌も手にしちゃいましょう!( *´艸`)

記事一覧へもどる

夏の肌ダメージゼロ美顔脱毛
デリケート部も痛くない気軽に試せるVIO脱毛
Dione 脱毛無料カウンセリング&お試しショット実施中!
子供脱毛