痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

肌を大切に、キレイに。美肌サポーター坂本の脱毛コラム

陰部の脱毛を、できるだけ早くおこなったほうがよい理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

陰部の毛を脱毛すると聞くと、恥ずかしさが先に立ってしまう方も多いでしょう。でも、いわゆるデリケートゾーンは粘膜を含みますし、周囲のお肌もとても敏感な箇所です。カミソリなどでしょっちゅう自己処理している方も、「このまま一生、自己処理を続けて大丈夫かな……」と思ったことが1度はあるのでは?

そこで今回は、お友達には相談できない陰部の脱毛のお悩みについて取りあげます。「そもそもサロンで脱毛した方がいいの?」「早い時期から始めるべき?」など、さまざまなお悩みを解決しちゃいます!( *´艸`)

■陰部の毛の自己処理にはデメリットやトラブルの心配も

【1.肌ダメージやトラブルの可能性】

陰部(デリケートゾーン)は、部位を直接見て自己処理ができません。そのためカミソリなどを使う場合にも、鏡に映すなどしなければ処理がむずかしいでしょう。よほど慣れていても、鏡に映した状態では失敗の可能性は避けられないかもしれません。また、仮にうまく剃れたとしても肌が敏感な場所ですから、コンディションによってはかぶれやカミソリ負けなどの肌トラブルを起こしてしまう心配もあります。

【2.埋没毛を避けるには、無理に抜かないこと】

剃るのがむずかしいからといって、毛抜きや脱毛器で抜いて自己処理をしていませんか? デリケートゾーンに限らず、いま生えている毛を無理に抜くことは避けましょう。繰り返すうちに、毛穴に埋まったまま毛が成長してしまう「埋没毛」という症状になることも。埋没毛になると正常に毛が生えてこないばかりか、黒く目立つポツポツが肌にたくさんできてしまって見栄えもよくありません。

【3.毛嚢炎(もうのうえん)になる危険も!】

カミソリをひんぱんに肌に当てたり、毛抜きで無理に抜いたりしていると、肌に細かな傷をつけてしまい雑菌が入りやすくなります。その結果、毛穴の内部が細菌感染で炎症を起こして腫れや痛みが出る「毛嚢炎」という病気になることも。治ったあとも毛穴の黒ずみが残ってしまうので、無理な自己処理はやはりやめた方がよいですね。

■アンダーへアの脱毛と形

デリケートゾーンの脱毛をする場合、正面から見える「アンダーヘア」の毛量を減らす方も多いですね。その場合、すべての毛を処理してしまう「ハイジニーナ脱毛」をしない限りは、毛の減らし具合や形の希望についてサロンでも必ず聞かれるはず。事前にある程度したい形や毛量を決めておくとカウンセリングもスムーズに進みます。以下にご紹介する形が、サロンでは人気となっていますのでご参考にしてください。

【1.シンプルな「逆三角形型」】

ビキニラインに合わせるように、アンダーヘアを逆さになった三角形のように処理する方法です。自然で違和感がなく、ムダ毛だけを減らせるため効率も良いですね(^_-)-☆

【2.もっとも違和感の少ない「スクエア型」】

縦向きの長方形のようにアンダーヘアを処理する方法です。実際に生えている状態と比較した違和感がほとんどなく、処理したことを感じさせたくない方にはぴったり。ただし、切れ込みの深い水着や大胆な下着などを着用するときは、少しはみ出してしまう可能性も。

【3.可愛さもある「オーバル型」】

アンダーヘアを楕円形に処理する方法です。セクシーさを抑えて可愛いイメージに整えたい方や、それほど大胆な服装をする予定がない方などにおすすめ。

上記のほか、さらに遊び心たっぷりなハート形やスター(星)型、思いっきり大胆な服装にチャレンジしたい方の「Iライン(1本線)型」なども選べます。アンダーヘア脱毛初心者の方には、まずは上で紹介した3種類がおすすめです。

■陰部の脱毛の範囲はどこまで?

デリケートゾーンは粘膜部分を含みますし、皮膚そのものも敏感なのでどこまで脱毛できるかは気になりますね。ここでは、デリケートゾーン脱毛の範囲についてご紹介します。

【1.粘膜は脱毛できないけれど……】

粘膜の部分は、たとえムダ毛が生えていても脱毛することはむずかしいです。気になる場合は、粘膜のギリギリ部分までしっかり脱毛できるようにするとよいでしょう。多くのサロンでは粘膜部分のギリギリまでは処理することができませんが、ディオーネの「ハイパースキン脱毛」は、粘膜部分ギリギリまでしっかり処理できて肌にやさしい脱毛法。デリケートゾーン脱毛もおだやかに行えますので、特におすすめです!(*´ω`*)

【2.いわゆる「VIO」、どこまで処理する?】

最近はデリケートゾーン脱毛を「VIO脱毛」と呼ぶことが増えました。V=ビキニライン、I=陰部の左右側、O=肛門の周囲を指しています。つまり、デリケートゾーンは前から後ろまでまるっと脱毛できるんですね。

「IラインやOラインの脱毛は恥ずかしい(;´∀`)」という方も多いもの。しかし、生理時にもデリケートゾーンを清潔に保てるなどの理由で、最近はVIOの3か所をまとめて脱毛する方も増えているんです。VIOのすべての毛をツルツルに処理してしまう「ハイジニーナ脱毛」を選ぶ方はまだ少数派ですが、全体の毛量を少なくなるまで減らす方はどんどん増えています!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

■エステか医療脱毛か…… サロンの選び方

「医療脱毛の方が早く効果が出そうだし、脱毛期間も早く終わりそう」と思い、脱毛を医療機関でしたいと考えている方もいるのではないでしょうか? しかし、医療レーザー脱毛はかなり強い刺激をともない、痛みを感じやすく敏感なデリケートゾーンは、人によって刺激が強すぎる場合も。「VIOの脱毛をクリニックに頼んだら、あまりの痛さにヒイヒイ声が出てしまった」などの感想も少なくないんです(;´∀`)

クリニックでの医療レーザー脱毛は、サロンでおこなわれる光脱毛の出力を最大限にまで高め、狭い範囲に集中照射できるようにしたもの。パワーがとても強力なため、医療行為ができる人にしか機器の取り扱いが認められていません。つまり、医療脱毛は早期に脱毛を完了できますが、腕や脚など肌が丈夫で剛毛が生えやすい部分の方が適しているともいえますね。

敏感なデリケートゾーンは、脱毛完了までに少し時間がかかっても「できれば痛みが少なく、癒されながら脱毛できるほうがよい」と考える方が多いもの。そのため、サロンでの脱毛に人気が集まっているんです。通いやすさや期間のほか、痛み・刺激の強弱やサロンの雰囲気、施術スタッフが女性であることなど、ことデリケートゾーンの脱毛には他の部位にない条件を多く求める方も多いはず。ご自分に合ったサロン選びからじっくり始め、後悔のない脱毛をしましょう!(^_-)-☆

■脱毛料金と回数について

「デリケートゾーンは恥ずかしいのでスピーディに脱毛したい」という方もいれば、「時間をかけてもしっかり脱毛したい」という方もいるはず。デリケートゾーンの脱毛回数や、料金はどのようになっているのでしょうか。

【1.回数は「12回コース」がおすすめ!】

12回施術をすれば、大抵の方が脱毛効果を実感できるはず。「ハイパースキン脱毛」の場合、従来の光脱毛より早いサイクルで施術ができます(最短で2週間後には再来店が可能)。「できるだけ早く効果を感じたい!」という方でも、ストレスなく通っていただけるでしょう。

【2.料金は10万円~12万円くらい】

VIOライン3か所をトータルで脱毛をおこなう12回コースの場合、以下の料金体系となっています。

・ハイジニーナコース(VIOすべての毛を全処理):12回コース120,000円(税抜き)

・semiハイジニーナコース(VIOを全処理せず減毛):12回コース96,000円(税抜き)

料金だけ見ると他サロンと比較して極端に安いとはいえませんが、ハイパースキン脱毛ではメニュー料金以外はいただいておりません。いっけん、脱毛料金が安いサロンのなかには、アフターケアやシェービングでどんどん追加料金が上乗せされてしまうサロンもあります。

サロン選びの際は脱毛料金についてよく理解してから選ぶようにしましょう。

■陰部脱毛でありがちな後悔と注意点について

デリケートゾーンの脱毛では、脱毛終了後にちょっとした後悔を残してしまう方もいます。おもに以下のような点が中心となっていますので、事前に確かめて失敗のないようにしましょう。

【1.ビキニラインの形を変えたくなった】

ビキニラインの毛はあまり凝った形にしない方がよいと思い、「スクエア型」を選択して脱毛。でも、その後彼氏ができて海へ行くことになり、「大胆な水着を着てほしい」とのリクエストが!Σ(゚∀゚ノ)ノ せっかく脱毛したのに確実にはみ出してしまうので、外側の少量だけ毎回自己処理することに……(;’∀’)

【2.ハイジニーナを選択して驚かれた!】

どうせ脱毛するなら思い切ってハイジニーナで陰部の毛を全てなくしちゃおう! と果敢にチャレンジ。でも、自信満々で温泉旅館に行ったら意外にも、周囲の人の視線が気になるΣ(・ω・ノ)ノ! 一緒に行ったお友達にも「なにかの病気?」「彼氏に怒られない?」などと質問攻めにあい、ほとほと疲れてしまいました。でも、「ハイジニーナは老後の介護でも迷惑をかけない!」という耳より情報をネットで見たので、「これも老後のため……」と、なんとか自分を納得させたのでした(;´∀`)

デリケートゾーンの脱毛にはメリットがあることは自覚しつつも、後悔するケースもあります。「もうちょっと○○すればよかった」という心境になるケースなら脱毛範囲をさらに広げていけばいいのですが…。脱毛が完了してしまうと元の毛量に戻すことはかなりむずかしいので、陰部の脱毛は事前の計画でよく考えて。

■除毛クリームを使用した陰部の毛の自己処理について

「サロンで脱毛する前の自己処理に除毛クリームを使用したい」という方も多いのでは? 除毛クリームでデリケートゾーンを自己処理することには、いくつかの注意点もあります。

【1.除毛クリームの選び方】

除毛クリームは手軽に使えますが、化学物質で毛を溶かして除毛する仕組みなので成分次第で刺激をともないます。身体でも肌がもっとも敏感な場所ですから、可能な限り刺激を与えない方法で処理するようにしましょう。デリケートゾーン用の除毛クリーム選びには「薬用(医薬部外品)である」「保湿成分を含んでいる」「粘度が高めでクリームが垂れ落ちにくい」などの特徴を兼ね備えているものを選ぶとよいでしょう。

【2.除毛クリームでの処理をおすすめする人、おすすめしない人】

除毛クリームでの自己処理をおすすめできる人は、「敏感肌ではない」「カミソリダメージなく簡単に自己処理をしたい」という人。いっぽう、おすすめできない人は「敏感肌の人」です。デリケートゾーンのカミソリでの自己処理はむずかしく、怪我が不安という方も多いでしょう。ディオーネの「ハイパースキン脱毛」では、事前処理での剃り残しがあっても丁寧にシェービングします。神経質になって肌を傷つけるよりは、ある程度大雑把に剃っても大丈夫でしょう。

■黒ずみ、色素沈着の悩み

なかなか人には言えないけれど、意外に多いのがデリケートゾーンの黒ずみのお悩み。そもそもデリケートゾーンは皮膚が敏感ですし、蒸れや摩擦による刺激が発生しやすい場所です。むしろ、少しぐらい黒ずみがあってもまったく変ではありませんし、珍しいことでもありません。

ただ、黒ずみのお悩みは脱毛するという観点では少しやっかいなもの。一般的な光脱毛では、色素沈着した部分を脱毛することがむずかしいからです。でも、ディオーネの「ハイパースキン脱毛」はメラニン色素に反応する仕組みを使わず、休止期に生まれる「毛の種(発毛因子)」に作用して発毛を抑える方式です。このため、黒ずみがあっても気にせずに施術を受けることができます。

また、ハイパースキン脱毛の光には、エステでの美顔に使われる「フォトフェイシャル」と同じ作用の光が3割も含まれています。デリケートゾーンを脱毛しながら、黒ずみのケアもできるとなると一石二鳥ですね(^_-)-☆

■新しいエチケット! 陰部脱毛をする中高年も増えている

デリケートゾーンの脱毛は若い女性がするものというイメージが強いもの。でも、最近では中高年女性のVIO脱毛が隠れた人気です。中高年の方がVIOを脱毛する目的は美容やファッションにとどまらず、老後に介護を受ける立場になった場合の対策を兼ねているのだとか。実際、デリケートゾーンの毛が少ないだけでも、介護する側の立場としてはお世話がとても楽になるのだとか。「老後の備え」「最低限のエチケット」として、中高年世代のVIO脱毛が増えているんですね(*’▽’)

■陰部脱毛はできるだけ早く! その理由は?

中高年になってからデリケートゾーンの脱毛を考える人が増えているということは、つまり、若いうちに脱毛しておければなおさら良いともいえます。下着や蒸れによる刺激やにおい、生理時の不快感や定期的な自己処理の煩わしさ……。デリケートゾーンに関するお悩みは、年代を問わず尽きません。また、VIOのムダ毛にも白髪が増えてくれば、メラニン色素を利用する一般的な光脱毛の効きは鈍くなってしまいます。

清潔を保てて、ニキビやかぶれも防げ、老後の不安も解消できる! そんなVIO(デリケートゾーン)脱毛をするなら、早いにこしたことはないのではないでしょうか。現在ワキや腕の脱毛を検討中の方は、せっかくならデリケートゾーンの脱毛コースも加えてみてはいかがでしょう?(*^▽^*)

美肌効果も期待できる「ハイパースキン脱毛」は、肌が敏感なVIO(陰部・デリケートゾーン)の脱毛にも最適ですよ(≧∇≦)

記事一覧へもどる

初めての方限定の特別体験 諦めない美肌脱毛
顔脱毛でもっと綺麗に!お顔まるごと脱毛体験 年末年始おめでとうキャンペーン
VIO脱毛で変わる!人気VIO脱毛体験 年末年始おめでとうキャンペーン
選んで不安を解消!20ヶ所から選べる脱毛体験 年末年始おめでとうキャンペーン
子供脱毛
ハイパー光フェイシャル
針を使用しないので痛くない!ノン・ニードル水光注射 DiNa
高周波温熱機器で理想のボディへ RAFOS Premium
Dione 脱毛無料カウンセリング&お試しショット実施中!