痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

肌を大切に、キレイに。美肌サポーター坂本の脱毛コラム

脱毛するなら毛抜きは使わないで!その理由は?

2018.04.20

このエントリーをはてなブックマークに追加

無理に毛を引っ張って抜くことは、毛根や皮膚へのダメージにつながってしまうことからあまり推奨されていない方法です。これは、サロンなどで脱毛をする場合の自己処理においても同様で、できるだけ肌を傷つけずに毛を取り除ける方法で自己処理をおこないたいものです。

この記事では、脱毛前に毛抜きを使うことがなぜいけないのか、そして、やむを得ず毛抜きを使う場合の安全な使用方法についてご紹介します。 

■脱毛前に毛抜きを使ってはダメ?その理由は

先にご説明したとおり、脱毛前の自己処理で毛抜きの使用はおすすめできません。毛の除去さえできれば良いのでは?と思うかもしれませんが、実は脱毛前に毛を抜かないほうが良い理由がきちんとあります。

・脱毛前に毛抜きを使ってはいけない理由とは?

サロンでおこなっている脱毛法はおもに、毛に反応する光を照射して毛根に作用する「光脱毛」です。一般的な光脱毛では、毛の黒い色素(メラニン)に反応する仕組みのものが多いという特徴があります。そのため、黒い毛を毛抜きで抜いてしまうと、十分な効果を得られなくなってしまうことが理由にあります(;´・ω・)

■毛抜きやピンセットを使った自己処理のデメリット

毛抜きやピンセットはたいていのご家庭にありますし、なくても除毛に使う道具のなかでは比較的安く手軽に買うことができます。そのため、気軽にムダ毛を処理するには便利なグッズなのですが……。ここでは、毛抜きやピンセットによる除毛の特徴や、トラブルの可能性についてご紹介します。

・毛抜きやピンセットを使用した除毛の手順

毛抜きやピンセットで除毛する方法は、ご存じのとおり実に簡単です。毛を1本ずつつまみ、そのまま引き抜くだけ。ただし、抜くときに少しの痛みはありますし、1本ずつ処理しなければいけないので広い範囲をまんべんなく除毛するにはかなりの時間がかかります。でもコストはほとんどかかりませんから、手軽な除毛方法として根強い人気があることはたしかです。

・毛抜きやピンセットの使用で起こりうるトラブル

簡単な毛抜きでの除毛法ですが、毛や皮膚にトラブルを起こしてしまう可能性は低くありません。もっとも多いトラブルは「埋没毛」といって、抜いた後にふたたび生えてくる毛が毛穴からきちんと生えてこず、毛根の内部で成長してしまう症状です。痛みなどはありませんが、毛穴周りで毛がぐるぐると結び目のように伸びるためポツポツと目立って見えてしまいます。

また、さらに深刻なトラブルには「毛嚢炎」があります。無理に毛を抜いたことで毛根の内部や周囲が傷ついてしまい、雑菌が入ることで炎症を起こす症状です。赤く腫れたり膿んだりするなど、ひどくなれば皮膚科での治療が必要になってしまうかも><

その他のトラブルには、毛穴周りに刺激を与え続けたことで肌が黒ずんでしまう「色素沈着」も挙げられます。また、まだ医学的に立証はされていませんが、毛根を繰り返し刺激することが原因で「硬毛化」という現象を引き起こし、だんだん毛が濃くなってしまう可能性も指摘されていますΣ(・ω・ノ)ノ!

■もし、脱毛前に毛抜きで抜いてしまったらどうする? 

脱毛前に限らず、毛抜きでの自己処理は毛にもお肌にもよくないということがわかりました。でも、それをご存じなければ脱毛サロンに行く前にうっかり毛抜きでムダ毛処理をしてしまう可能性もゼロとはいえません。ここでは、脱毛へ行く前に毛抜きで毛を抜いてしまったときの対処法についてご紹介します。

・もし脱毛前に毛抜きで毛を抜いてしまったら?

脱毛前の毛抜きはNGですが、すでに処理してしまった場合は仕方ありません。そのままサロンへ行っても脱毛の効果は少なくなってしまいますし、毛穴に見えない傷などがついていればさらに刺激を与えてしまう場合もあります。気づいた時点で脱毛の予定を延期してもうことを検討しましょう。

脱毛サロンではキャンセルに関する規定が必ず設けられていますから、まずそれを確認しましょう。サロンによってはキャンセル料がかかってしまうこともありますし、「当日のキャンセルは施術1回分の消化扱い」とするサロンもあります。

だからといって脱毛前に毛抜きを使うのは決しておすすめできませんし、ひんぱんにキャンセルすることもよくないのですが……(;´∀`)

毛を抜いてしまった場合は、次の脱毛の予定までの期間は少し空けましょう。次の毛が生えるまでの期間もありますし、毛穴が炎症などを起こしていれば症状が収まるまでの時間も必要です。だいたい1か月の期間を空けて、次回の予約日を変更してもらうとよいでしょう。

■脱毛前はもちろんNG!でも、脱毛後の毛抜きはどうなの?

脱毛前に毛抜きを使うことはNGですが、では脱毛後は毛抜きを使用しても大丈夫なのでしょうか?ここでは、脱毛後の毛抜き使用について紹介していきます。

・脱毛前はもちろん、脱毛後の毛抜きも実は良くない

脱毛後だからといって、毛抜きでの処理が安全になるということはありません。やはり脱毛前と同様、脱毛後の毛抜きも毛穴やお肌のためには良くないんです(´;ω;`) たしかに、炎症や埋没毛などダメージへのリスクが脱毛後に減るということもありませんから、それにもうなずけますね。脱毛前後にかかわらず、毛抜きで毛を抜くことはできるだけ回避したほうが良さそうです。

■脱毛前の自己処理におすすめの方法は?

脱毛前の自己処理におすすめなのは、市販の電気シェーバーでムダ毛を剃っておく方法です。直接刃を当てるカミソリだと肌に細かい傷をつけてしまう可能性がありますが、電気シェーバーは刃から肌をしっかりガードしながら毛だけを剃ることができます(^_-)-☆

脱毛に行く前の自己処理をするタイミングは、「施術の前々日(2日前)」ぐらいがベスト。前日でも基本的には問題ありませんが、敏感肌の方は電気シェーバーを使用しても除毛直後は肌に赤味などが出る可能性があります。それを考慮すると、2日前には電気シェーバーで処理して施術までに肌を落ち着けておくことがおすすめ。

また、施術前の自己処理には毛抜きを使うのがNGなのと同様、やはり毛を根元から抜いてしまう方式の「脱毛ワックス」「脱毛テープ」の使用も避けましょう。それに、自己処理しなければならないからといって、剃りにくい箇所まで無理に剃ろうとしなくても大丈夫です。背中やデリケートゾーンなど、自分で処理するのがむずかしければサロンでシェービングをお願いしましょう。ただし追加シェービングに料金がかかるサロンもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

■医療レーザー脱毛をするときも、毛抜きは使わない

サロン脱毛ではなく医療レーザー脱毛を検討している方の場合も、施術前後の毛抜きの使用はNGです。医療レーザーは、光脱毛のフラッシュをさらに狭範囲・高出力にしたものですから、肌トラブルを抱えた状態で施術すると色素沈着などのダメージリスクが大きくなる危険があります><

また、医療レーザーも一般的な光脱毛と同様、メラニン色素に反応する性質を利用した脱毛法です。毛を完全に抜いてしまうと施術の効果が低減してしまいますから、結局脱毛完了までの期間が延びてしまうことになります。

■どうしても毛抜きがやめられない!という方へ

それでも、ついつい毛抜きを使ってしまいがち……という方もいるかもしれませんね。もちろんリスクはありますが、どうしても毛抜きを使わずにいられないという方は、以下のようにルールを決めておくと良いかもしれません。

・脱毛前と脱毛後、毛抜きは絶対使わない

・特に脱毛前は、必ず電気シェーバーで剃るようにする

・脱毛後に毛抜きをするときは、最低でも10日は空ける          

・毛抜きの使用について、サロンや医師に確認する

サロンや病院に相談すれば、おそらくは「毛抜きは使わないほうが良い」というアドバイスがあることが予想できます(;’∀’) 使いたい気持ちは山々でも、やっぱり可能なかぎり毛抜きの使用はやめておいたほうが良いでしょう。

■ダメージやリスクを減らす毛抜きの使い方

毛抜きの使用は控えたほうが良いですが、やむを得ず毛抜きを使用して毛を抜く場合はどのようなことに注意したらいいでしょうか。ここでは、ダメージを極力減らしながら毛抜きを使うテクニックをご紹介します。

1.皮膚をやわらかくし、毛穴を開く

毛がスムーズに抜けるよう、事前に蒸しタオルなどで皮膚をやわらかくして毛穴を広げておきます。同様の理由で、お風呂上りのタイミングに毛抜きを使用するという方法もあります。

2.毛を抜く方向は毛並みに沿って

抜くときは「逆毛」に抜かず、毛の流れの向きに沿って抜いていくようにしましょう。

3.無理やり抜かない

無理に毛を抜くことは、即ダメージに直結します。抜きにくい毛は無理に抜かず、ラクに抜ける毛だけを抜いていくようにしましょう。

4.必ずアフターケアをする

毛を抜いた後は化粧水やボディローションなどを使い、必ず保湿と肌の引き締めをおこなっておきましょう。

■毛抜きによるセルフ脱毛は極力避けるべき

リスクを回避しながら毛抜きを使う方法などもご紹介しましたが、やはり基本的には毛抜きによるムダ毛処理はおすすめできません。どのくらい推奨できないかというと、世の中に数々ある除毛法のなかでもっとも薦められないというくらいです(;´∀`)

たとえ毛抜きで肌トラブルが起こらなかったとしても、毛を引っ張って抜くと毛穴が盛り上がった状態になってしまうことがあります。何度も繰り返せばその状態が慢性的に続いてしまうため、毛穴の部分がポツポツして見えてしまうことも。たとえば、ワキ毛をきちんと処理している人のなかにも毛穴だけポツポツして見える人が稀にいますが、おそらく過去に毛抜きでの処理を続けてきた経験があるのかもしれません。

特に、サロンやクリニックへ通っている間は毛抜きの使用は自粛しましょう。毛抜きを使いながらサロンに通っても満足な効果が得られなくなることがありますし、ダメージがある箇所に無理に施術を繰り返すと毛穴周りがシミになってしまうことも((((;゚Д゚))))

「毛は抜かない」「抜くよりは剃る」「剃るなら電気シェーバーで」は、脱毛期間中の鉄則と考えた方が良さそうですね。脱毛中のルールを守って、ぜひ最速でつるりん肌をめざしてください!(^_-)-☆

記事一覧へもどる