美肌脱毛サロン【Dione/ディオーネ】

痛くない!肌ダメージ0の敏感肌専門脱毛サロン ディオーネ

脱毛コラム

お問い合わせ

ご予約はこちら

肌を大切に、キレイに。美肌サポーター坂本の脱毛コラム

気になるワキの黒ずみ。カバーテクニックや対処法をご紹介!

2018.05.10

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなにムダ毛を処理していても、ワキが黒ずんでいるとおしゃれも楽しめないもの。ノースリーブやキャミソールが似合う季節でも、恥ずかしくて大胆なファッションに挑戦できないとお悩みではありませんか?

この記事では、ワキの黒ずみのお悩みについてご紹介します。目立たないようにカバーする方法から、黒ずみ自体を改善する方法までくわしくご説明していきます (^_-)-☆

■ワキの黒ずみの原因について

まず、なぜワキに黒ずみができてしまうのか、その原因についてご紹介しましょう。

【ワキの黒ずみの原因にはどんなものがある?】

「生まれつきワキが黒ずんでいた」という方はほとんどいないはず。何らかの原因があって、そのせいでもともと黒くはなかったワキが黒ずんでしまっている状態と考えられるでしょう。ワキの黒ずみの原因は数多くありますが、代表的なものは以下のとおりです。

・刺激によってメラニン色素が沈着した状態

毛抜きやカミソリなど刺激の強い自己処理方法を繰り返すことで、その刺激に反応してメラニン色素が増え、色素沈着を起こしてしまっている状態です。日ごろから制汗剤をよく使用する方は、制汗剤が刺激となる可能性もありますから注意しましょう。

・ターンオーバーの乱れや溜まった角質

ワキの洗浄や保湿ケアを適切に行っていないため、皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)が正常におこなわれず、古い角質が表面に溜まって汚れのように見えてしまう状態です。

・妊娠中や産後のホルモンバランスの乱れ

稀なケースですが、妊娠中や産後にホルモンバランスの関係でワキが黒ずんでしまうことがあります。これはホルモンの影響でメラニン色素が一時的に増えてしまうことが原因ですから、しばらくすれば元に戻ることがほとんどです。

・間違った自己処理による埋没毛や毛嚢炎

ワキ毛を無理に抜く、ひんぱんに剃るなど間違った自己処理を続けていると、毛穴に毛が埋まったまま成長する「埋没毛」や、毛穴が炎症を起こして腫れや膿になってしまう「毛嚢炎」などの症状を起こす場合があります。この状態も遠くから見れば黒ずみに見えてしまいますし、もちろん肌にもよくありませんから早めに改善しましょう。

■黒ずみの症状別の対策方法

ワキの黒ずみにも、さまざまな原因があるとわかりました。そこで、次は各症状別の対策方法についてご説明しましょう。

・埋没毛の場合

ワキの埋没毛は非常に多く、その原因は毛を無理に抜くなど間違った方法で自己処理をおこなうことにあります。埋没毛になった毛穴を自分で治すには、クリームなどでワキを保湿して毛穴を柔らかくし、自然に毛が外に出るようにする方法がもっとも安全。お風呂上りなど毛穴が柔らかいときに、化粧水やクリームで軽くマッサージしながらしっかり保湿すると効果的。尿素配合で角質軟化作用があるものや、埋没毛専用のケア用品を使用するとさらに良いでしょう。また、毛抜きやカミソリなどの自己処理を止めることも大切です。

・毛穴の汚れによる黒ずみの場合

毛穴に皮脂や角質などの汚れが詰まりやすく、黒ずんで見えてしまう場合は「重曹パック」がおすすめ。ご家庭にある食用の重曹を必ず使用し、水と1:1の分量で混ぜてペースト状にします。それをこすらないようにしながらワキへ塗り、10分ほど放置して洗い流せばOK。重曹を洗顔料に混ぜてスクラブのようにゴシゴシこすり付ける方法や、オイルと重曹を混ぜて研磨剤のように使う方法は、ワキには刺激が強すぎるのでNGです。ちなみに、重曹で毛穴詰まりが解消できる理由は、毛穴の汚れは酸性で重曹がアルカリ性だから。酸を弱アルカリで中和させながら、汚れを落としていけるというわけです。

・色素沈着による黒ずみの場合

アトピーや敏感肌の方がなりやすい、色素沈着によるワキの黒ずみ。このタイプの黒ずみにお悩みで、アトピー・敏感肌の方は強い成分のピーリングや重曹パックなどの方法は避けましょう。皮膚科に相談し、おだやかな作用のケミカルピーリングや美白成分入りの外用薬などで治す方法がもっとも無難です。また、自己処理による刺激もアトピー・敏感肌の方は特に受けやすい傾向がありますから、ムダ毛処理方法を見直すことも忘れずに。

・ワキ脱毛をすると改善できることも

ワキを脱毛したら、黒ずみが改善されたという方が意外に多いことをご存じですか?これは、サロンの光脱毛で用いられる光が、もともとは美顔効果のある「フォトフェイシャル」という技術を応用したものだから。脱毛で当てる光には、実は美肌作用もあるものが多く使われています。それに、自己処理が要らなくなればカミソリや毛抜きの刺激も受けずに済みますから、ずっときれいなワキを保てるというわけですね(‘ω’)

さまざまな黒ずみ解消法をご紹介しましたが、ワキの黒ずみをこれ以上作らないためには予防のお手入れも大事。次の項目では、黒ずみの予防や自分でできる対処法についてご紹介します。

■黒ずみの改善と予防法

これまで、できてしまった黒ずみの対処法をご紹介してきましたが、ここでは黒ずみを予防し、これ以上作らせないための対策についてご説明します。

・生活習慣の改善

規則正しい生活やバランスよい食生活は、皮膚のターンオーバーの乱れも防いでくれます。お肌や髪に生活改善が良いとよく聞きますが、それはワキに関しても同じです。生活のリズムを整え、バランスよく食べることを心がけるだけでも、お肌のくすみは予防できるもの。

・自己処理の見直し

ワキが黒ずむ原因でもっとも多いケースは、間違ったワキ毛の自己処理方法にあるといわれています。特に「毛抜き」や「カミソリ」は、ただでさえ敏感なワキの皮膚を容赦なく傷つけてしまうもの。無理にワキ毛を剃ったり抜いたりするたびに、肌は傷ついていると考えて早めにおだやかな除毛法に切り替えましょう。

・清潔に保ち保湿する

毛穴汚れを防ぎ古い角質が溜まらないようにするには、清浄と保湿が何より大切。ワキはつねに清潔に保ち、乾燥させないよう保湿ケアを心がけましょう。

・市販の黒ずみ専用クリームやケア用品を使う

最近では、ワキの黒ずみ用のクリームやローション・石鹸など、専用のケア用品が増えています。それらを活用しながら、じっくり黒ずみを減らしていく方法がおすすめ。ビタミンC誘導体などの美白成分を配合したクリームも薬局などで手に入りますが、皮膚が敏感な箇所ですからお肌に合うか慎重に試してから使用を検討しましょう。

最近、黒ずみ改善で注目されている美肌成分に「ハイドロキノン」があります。強力な還元作用(漂白作用)を持ち、肌を白くできるといわれています。しかしその分、肌への刺激も強い成分です。そのため、化粧品や医薬部外品に配合できる濃度はかなり低め。市販品のクリームなどは「ハイドロキノン配合」と明記されていても、それほど確実な効果は期待できないかも。

その点、皮膚科で医薬品として処方されるクリーム(=お薬)ならハイドロキノンの配合濃度も高めなので、どうしても薬で治したい!という方は皮膚科に相談してみましょう。ただし、ハイドロキノンは敏感肌の方などはあまり濃度が高いと肌に合わない可能性もあります。そういった意味でも医師の指導に基づき、適した濃度の薬を処方してもらうのが安心です(`・ω・´)v

■黒ずみを一時的に隠す方法

さて、黒ずみをじっくり改善していく方法はさっそく試すとして、今すぐ対処したい!という方も多いのでは?ここでは、「今ある黒ずみをすぐに隠す方法」についてご紹介していきます。

・黒ずみを着衣や道具で隠す方法

黒ずみは物理的に隠してしまう方法が、もっとも簡単かもしれません。したがって、「ノースリーブやキャミソールなど、ワキが出る服を着ない」方法がもっともラクです。でも「それなら今でもやっている……」という方がほとんどかもしれませんね(;´∀`)

ワキ見せしながら隠したいというときは、ワキ汗を抑えるテープやパッチなどで肌色のものをチョイスするのもおすすめ。肌の色に合った目立たないものなら、意外にバレにくいものです。また、ペースト状・スティック状の制汗剤などでも、ワキを自然にカバーできる色付きのものが増えています。ただしこれらのグッズは、ひんぱんに使うと肌に刺激となって黒ずみをかえって悪化させることもあるため、常用はしない方がよいかもしれません。

・ファンデーションを使って黒ずみを隠す方法

衣服やグッズでワキを隠すことに限界を感じ始めたら、ワキ専用のファンデーションを使う方法も検討してみてください。汗や皮脂に強い成分で作られ、衣類への色移りもしにくいものを選びましょう。手軽だからと顔用のファンデーションをワキにも塗る方法は、色移りや毛穴を詰まらせるなどの弊害を考えるとおすすめできません。またこの場合も、なるべく肌への刺激につながらないよう、常用は避けましょう。

 ■ワキ脱毛が先かケアが先か

「ワキの黒ずみをケアしながら脱毛するのは大変。どっちを優先するべき?」とお悩みの方のために、ここではワキ脱毛と黒ずみケアのケアの優先度について考えてみましょう。

・エステなどのサロン脱毛と、ワキの黒ずみケアは並行できる?

サロン脱毛とワキの黒ずみケアを同時におこなうことは、セルフケアの範囲内なら特に問題ありません。ただし、黒ずみケアを皮膚科による治療でおこなっている場合などは、医師の許可がなければ脱毛できませんので必ず主治医に相談を。

・脱毛エステが先か黒ずみをケアするのが先か

黒ずみがひどく、光脱毛の施術ができないような状況であればケアを先におこなったほうがよいかもしれません。しかし、光脱毛を断られるほどの黒ずみはきわめて稀でしょう。施術が可能なら、脱毛を始めてしまった方が良い場合もあります。

先にも少しご説明しましたが、光脱毛はエステなどで美肌ケアに用いられてきた「フォトフェイシャル」技術を応用。脱毛しながら、美肌を目指すこともできますΣ(・ω・ノ)ノ!

敏感肌でもお手入れできるディオーネの「ハイパースキン脱毛」を例に挙げると、美肌効果のある光が全体の3割含まれていて、脱毛しながらエステ級の美肌作用を受けることができるんです!

■重度の黒ずみは皮膚科や美容皮膚科を

ワキの黒ずみがひどく、すぐにでも治さなければいけないような状況であれば、皮膚科や美容皮膚科で黒ずみの治療を受けましょう。皮膚科では外用薬やケミカルピーリングでの治療のほか、レーザーで素早く治療する方法も選べます。また、「早く治したい」「重度の黒ずみをしっかり治したい」とお考えなら、一般の皮膚科よりも美容皮膚科が適していることもあります。

ちなみに、ワキの黒ずみと臭いの直接的な関係はなく、気になる臭いの対策を日ごろから積極的におこなうため、制汗剤やケア用品などが刺激になり黒ずみが出やすい傾向にあるといわれています。脱毛により汗などのケアが簡潔にできるようになると、臭いや黒ずみの解消につながる場合もあります。

黒ずみの原因のなかでも間違った自己処理によるケースは多いもの。脱毛により自己処理の回数が減ると、黒ずみによるお悩みも解消できるかもしれません。

記事一覧へもどる