痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

肌を大切に、キレイに。美肌サポーター坂本の脱毛コラム

高周波脱毛器について

2018.04.30

このエントリーをはてなブックマークに追加

「高周波脱毛器」ってご存じですか?知っているという方も、「どんな仕組みで脱毛できるの?」「サロンの脱毛とは違うの?」など、さまざまな疑問をお持ちかもしれません。そこで今回は、自宅で脱毛できる高周波脱毛器についてご紹介します。脱毛を自宅でおこなうか、サロンに通うか迷っている方も必見です!(^_-)-☆

■自宅でできる高周波脱毛器とは?

「高周波」「低周波」などと聞くと「肩こりなどの治療器」を思い浮かべる方も多いはず。治療器の仕組みから想像が付いたかもしれませんが、高周波とは周波数の高い「電流」のことを指しています。高周波=周波数の高い電流、低周波=周波数の低い電流と考えるとわかりやすいでしょう。家庭用の機器に関しては、どれも医療行為にあたらない程度の出力に抑えられていますから、身体に電気を流すことでのリスクや危険は基本的にはありません。また、高周波だから作用が強力で、低周波なので微弱ということでもありません。

つまり、高周波脱毛器とは「電流(高周波)のはたらきで脱毛をする器具」を指します。家庭用の高周波脱毛器もいくつか出回っており、ご家庭の電源を利用して手軽にセルフ脱毛をおこなえることで人気を集めています(‘ω’)

■高周波脱毛器とは?

高周波脱毛器は、弱い電流の力でセルフ脱毛できる器具であることがわかりました。ここでは、その高周波脱毛についてさらにくわしくご説明します。電流で脱毛といってもどんな方式なのか、家庭用高周波脱毛器は誰でも簡単に使えるのかなど、気になるポイントを逐一チェックしていきましょう(^_-)-☆

・高周波脱毛器で脱毛する仕組み

本体から出ているピンセット上の部品で毛の1本をつかみ、そこに微弱電流を流すことで発熱させ、毛根の組織などに作用して毛を抜き、生やしにくくします。電流を流すからといってビリビリ感じたり痛んだりすることは少なく、初めに少しパチッと感じるような痛みがあったとしても、繰り返すうちに慣れていくといわれています。

・家庭用高周波脱毛器の形状や大きさ

家庭用の高周波脱毛器は、おもに片手で持てるハンディな形状でコンパクトなものが主流です。スティック状の本体の先端にピンセットのように毛を挟む部分が付いており、そこに毛を1本ずつ挟んで処理していきます。本体がコードレスのタイプも増えており、取り扱いは市販の脱毛器のなかでもかなりラクそうですね(≧∇≦)

■高周波脱毛器の特徴や効果

ハンディでご家庭でも手軽に扱えそうな高周波脱毛器ですが、ここではその脱毛効果や特徴などについて、もう少しくわしくご紹介します。

・高周波脱毛器の特徴や効果

サロンなどの脱毛では、施術の前に自分で毛をカットするなどの処理が必要になります。しかし、高周波脱毛器は毛をつまんで電流を流せばすぐに抜けますので、ムダ毛の処理と脱毛が1度におこなえます。ただし、1度処理すればもう毛が生えないということではありません。何度か処理を繰り返すことで、新しい毛を生えにくくすることが期待できます(/・ω・)/

・家庭用脱毛器のその他の種類について

家庭用の脱毛器は、高周波(電気)脱毛器だけではありません。他の種類としてはまず、サロンなどでの光脱毛と同じ原理を用いながら、出力を弱めて安全性に配慮された「フラッシュ脱毛器」「IPL脱毛器」があります。また、医療機関などで使用されるレーザー脱毛の出力を大幅に弱めたタイプの、家庭用「レーザー脱毛器」も選べます。そして、厳密にいうと脱毛器ではなく除毛器にあたりますが、熱で毛を焼き切って処理するタイプの「サーミコン(熱線)脱毛器」もあります。

■高周波脱毛器のメリット

手軽に使えてムダ毛をすぐ処理できる高周波脱毛器ですが、そのメリットについてもっと知りたいという方も多いはず。ここでは、高周波脱毛器のくわしいメリットをご紹介します。

・高周波脱毛器のメリットは?

1.痛みが少なめ

毛を抜くと聞くと、毛抜きでの処理を想像して「痛いのでは?」と思うかもしれません。しかし、高周波脱毛器は電流の助けを借りて驚くほどラクに毛を抜けるのが特徴。毛をつまむとすぐにスルッと抜けるので、スイスイ抜き進めることができます。

2.本体が軽量でコンパクト

機器がかさばらず、手に持って扱いやすい点も使用上の大きなメリットです。コードレスでペンライトのように小型の機種もあるので、それなら持ち運びにも便利ですね(^_-)-☆

3.光線を照射しないので、肌質や部位を問わない

レーザーやフラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応する光線を肌に照射します。本体からは強い光が出ますから、目の近くなどはお手入れできませんでした。でも、高周波脱毛器は光を使わないため、眉毛や額の生え際など目に近い部位のお手入れができるものも多いです。また、脱毛の仕組みも毛や毛根のメラニンに由来していませんので、日焼け肌のムダ毛や白髪にも使用できます。

4.価格が安い

家庭用の脱毛器といっても、レーザーや光脱毛の原理を用いた機器は価格が高め。なかには10万円を超えるものもあり、サロンに通うのと変わらないのでは?と感じることも。その点、高周波脱毛器は1万円を切る機種も多く、手軽に購入できるというメリットがあります。

■高周波脱毛器のデメリットは?

扱いやすくリーズナブルと長所ばかりに思える高周波脱毛器ですが、デメリットもないわけではありません。ここでは、高周波脱毛器にもあるデメリットについて少しご説明しましょう。

1.脱毛の1本1本に手間がかかる

とにかく処理に時間がかかってしまうのが、高周波脱毛器のデメリット。毛抜きで自己処理をした経験がある方は、1本1本抜くことの大変さにまいってしまったことがあるかもしれませんね(;´Д`)

高周波脱毛器も、毛を1本ずつ挟んで抜く手順は毛抜きと変わりません。処理にかかる手間や時間という意味では「安全な毛抜き」のようなものと考え、処理の速さはあまり期待しない方が良いでしょう。

2.使い方にコツが必要

毛抜きが苦手という方も多いように、手順が似ている高周波脱毛器もやはり「毛を挟む」という行為自体にコツが必要です。視力が弱い方などは毛を1本ずつ見て挟んでいく段階で、かなり疲れてしまうかもしれません。

3.脱毛効果には個人差がある

高周波脱毛器も、何度か繰り返して使用すれば毛を生えにくくさせられるといわれています。しかし、どなたにでも同等の効果があるとは言い切れないのが実情。毛が生えにくくなったという声ももちろんあるのですが、やっぱり処理しても少しは生えてしまうという方もいます。脱毛効果には個人差があるものと考えたほうが良さそうです。

■高周波脱毛器は危険?使用時の注意点は?

高周波脱毛器は、毛に電流を流して処理していくものです。「電気が流れるのなら、感電ややけどの危険はないの?」と、ちょっと怖く感じる方もいるのではないでしょうか?ここでは、高周波脱毛器のリスクの有無や、取り扱い時の注意事項をご紹介します。

1.高周波脱毛器に危険はある?

先にご説明すると、家庭用高周波脱毛器でやけどや感電などの危険はまずないといってよいでしょう。あくまでご家庭の電源に合わせて作られており、どなたが使っても安全を担保できる範囲内に出力を抑えてあるからです。

2.高周波脱毛器の使用上の注意点

動作や充電の際にご家庭のコンセントを使用しますので、その際に一般的な家電製品と同様に注意を払うことは必要です。また、脱毛部位によってはご自分で毛を処理する際の体勢が不安定になることがあります。その際の転倒や、筋肉の凝りや痛みには気をつけたほうが良いでしょう。毛を1本ずつ見ながら処理するので、ワキ毛などを長時間処理し続けると疲れ目になることもあります。「脱毛器を使って肩こりと筋肉痛~(;´∀`)」なんてことにならないよう、ほどほどに。

■より効果を高める高周波脱毛器の使い方

手軽で取り入れやすい高周波脱毛器ですが、さらに効果を高める使い方を知っておくとよりスムーズにムダ毛処理ができます。ここでは、高周波脱毛器をより効果的に使う方法を紹介します(*´ω`*)

1.ムダ毛は処理前にカットして長さをそろえる

処理したい部分のムダ毛は、伸びたままにしておかず事前に数ミリ程度の長さまでカットすると、器具で挟みやすくなります。毛抜きで抜くときと同様の感覚で、毛の先端をカットして太い部分がつまめる状態にすることで、ラクに毛をつかめるようなります。

2.使用前に入浴するなどして毛穴を開いておく

お風呂に入るなどして毛穴を広げておくと、処理もラクになり痛みも抑えられます。お風呂に入れない場合も、処理する箇所に蒸しタオルを当てて数分置くなどで同様の効果が得られます。

 ■高周波脱毛器を選ぶポイント

高周波脱毛器を使ってみたい!と、思った方のために、ここでは高周波脱毛器を選ぶときのポイントについてご紹介します。

1.コード式か充電式か

高周波脱毛器には、コンセントから電源を直接取るコードタイプのものと、充電して使うコードレスタイプのものがあります。使い方や使用状況などに応じて、合ったものを選びましょう。

2.使用時間や充電時間

特に充電式のタイプには「連続○時間使用可能」など、バッテリーの持ちについて記載がされているはず。「充電式だから便利と思って購入したのに、電池持ちが今ひとつで使いにくい……」という事態を避けるためにも、性能はきちんとチェックしましょう。

3.高周波脱毛器にする?サロン脱毛にする?

サロンで脱毛するか、自宅で高周波脱毛器を使うか迷っている方もいるでしょう。サロン脱毛は通う手間こそありますが、毛を生えにくくする脱毛効果の期待は高いです。いっぽう、高周波脱毛器の場合はあくまで脱毛効果には個人差があるとされています。費用を気にされている方も、最近は脱毛機器が進化したことによりサロンの料金がかなりリーズナブルになっています。通い続けることに抵抗がなければ、将来的なムダ毛の悩みを解消できるという点ではやはりサロンがおすすめ。

もし、サロン脱毛を検討しているなら、全国120店舗の脱毛サロン「ディオーネ」を選んでみてはいかがでしょうか?ディオーネの「ハイパースキン脱毛」は、肌や毛の色にかかわらず「毛の種(発毛因子)」に作用する、特殊な光で発毛を抑える方法です。「やっぱり、脱毛するならずっと毛が生えないようにしたい!」という方は、ハイパースキン脱毛を検討するのも良い方法かもしれません(*^▽^*)

記事一覧へもどる